歴史的快挙!!

   

Spread the love

GLASGOW, SCOTLAND – MAY 18: Naoya Inoue of Japan (blue shorts), celebrates as he knock down Emmanuel Rodriguez of Puerto Rico (white shorts), during the WBSS Bantamweight Semi Final IBF World Championship fight at the Muhammad Ali Trophy Semi-Finals – World Boxing Super Series Fight Night at The SSE Hydro on May 18, 2019 in Glasgow, Scotland. (Photo by Mark Runnacles/Getty Images)

ようやく東京で開催されるオリンピック種目にボクシングが追加されました(東京五輪 ボクシングは存続へ

なんで歴史あるボクシングが五輪から除外されそうになっていたのかはこちらに簡単に書いています

東京五輪で存続したことも嬉しいのですが、もっと嬉しいことが。

 

ボクシングの世界的イベント「ワールドボクシングスーパーシリーズ」略してWBSS

前回横浜アリーナで開催されたバンダム級初戦(階級はこちらの記事で)

そこで圧倒的な勝利を収めた井上尚弥選手

 

今回もやってくれました

相手はIBFのチャンピオンのエヌマエル・ロドリゲス選手

まさかの2RKO勝ち

その試合内容が圧倒すぎて驚きます、開幕当初相手は無敗のチャンピオンで優勝候補に名前が挙がる選手です。

試合をまだの方は下の動画をどうぞ

まさにニックネームの〝モンスター

 

そんな日本が誇るモンスターがPFP(パウンドフォーパウンド)

に名を連ねました。

PFPってなに?という方に

このランキングはアメリカのRING誌が、ボクシング全階級でもし同じ体重だったら誰が一番強いのか?というのをランキングで表したものです。

全階級の全選手の中で4番目に選ばれるって物凄くないですか?
世界中にプロボクサーがどれだけいることやら・・・

まさに歴史的快挙です

ボクシング界の名将イグナシオ“ナチョ”ベリスタインもべた褒めです。
その記事はこちら

井上選手が出るWBSSの決勝は日本という話があがっていましたが、本当だったら観に行きたい

決勝の相手はノニト・ドネア選手

全盛期はこちらも相手がいないくらい物凄く強かったですが、いろいろと訳ありで階級を上げていきベストパフォーマンスから遠ざかっていました。

適正階級に戻ってきてKOで勝ったりしています。全盛期を知っている人からすると、もちろんスピードや反応は落ちていますが「経験」があります。

怪物同士の対決が見れるなんて贅沢極まりないです
 

あ~決勝が待ち遠しい

 

一言日記

ヨドバシによったら映画ズーランダーの続編を発見したので、そく購入しました。ベンスティラー&オーウェンウィルソンのコンビが楽しみ

 - その他